妊婦の便秘
  • 当サイトについて
  • 妊婦中の便秘はなぜ起こるの?
  • 原因を理解することが解消への近道
  • 不快ガスを取り除き解消
  • 体調管理を整える
  • 妊婦 便秘の原因は黄体ホルモン
  • 妊婦 便秘の注意点
  • 食品で緩和
  • 妊婦の便秘予防策
  • 解消法
  • 漢方薬で解消
  • お茶で解消
  • 酸化マグネシウムで解消
  • イチジク浣腸で解消
  • 便秘対策にドライイチジク
  • 便秘に利くレシピ
  • コントレックスで解消
  • 便秘を解消するハーブティー
  • 解消レシピの食材
  • 妊娠中の便秘薬
  • 便秘薬は本当に効くのか?
  • 安心して使える便秘薬
  • 妊婦中でも最低限を運動を
  • 浣腸の賛否両論について
  • 水について
  • 妊婦でも飲める便秘薬
  • 薬選び
  • 整腸剤で解消
  • 病院で治す
  • 専門医に相談する
  • 浣腸で解消
  • 便秘解消の最終手段
  • いろいろな症状
  • 痔の原因
  • 腹痛
  • 黄体ホルモンの増加と原因
  • 便秘でいきむ
  • その他解消法
  • 妊婦の試練
  • おもしろ解消法
  • 解消前の注意
  • 日常的な予防策
  • 食生活の重要性
  • 体重管理と便秘の関係
  • サブメニュー
    お勧めリンク
    浣腸の賛否両論について

    妊婦が便秘をした時に浣腸を使っていいかどうかには、賛否両論いろいろあるみたいです。
    そもそも、使用することによって起こる腸の収縮が、早産や流産の原因にもなりうるとして、使用を控えるようにすべきとする意見が基本のようですね。


    確かに、妊婦が便秘の時に浣腸を使う際の使用説明書には、医師に相談して指示に従うように記載されています。
    医師によっては否定的な考えの人もいるようです。
    妊婦が便秘だからと言って浣腸を勝手に使用するのは控えたほうがいいと言うことですね。


    逆に、実際に医師に処方され、効果があったと言う妊婦さんも多く存在します。
    そう言えば、厚生労働省の「医薬品のリスクの程度の評価と情報提供の内容等に関する専門委員会の第4回資料」の中に、便秘用だけではないと思うのですが、次のような記述がありました。
    浣腸の原料として使われるグリセリンについて、子宮収縮の誘発(流早産)のおそれがあるとのこと。
    妊婦さんが聞いたらヒヤッとしそうですが、合わせて「適応対象の症状の判別に注意を要する」との記述もありました。
    すなわち症状によっては、あくまで医師の処方のもと便秘の解消に浣腸を使う場合も有り、と言うことでしょうか。


    以上のように、妊婦の便秘の際に使う浣腸には賛否両論ありますが、医師のアドバイスを受けた後は、自分が納得して使うしかなさそうですね

    (参考先:厚生労働省:「医薬品のリスクの程度の評価と情報提供の内容等に関する専門委員会の第4回資料」)

    Copyrightc 2007 benpi-kaisyo.com
    ※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。